ヘッドライン

自己紹介

僕は、超絶お馬鹿高校卒で何の資格も技術も無い30代独身男性です。
この一行目のスペック、どう考えても負け組というか生存価値がないカスですよね・・・当然否定もできませんがw

これが隠しようのない僕です。

そして当然のように二十歳を過ぎてもパッとしない人生を送っていましたが、ネットで見かけた海外投資の勉強会に参加して考え方がガラリと変わり、人生そのものが大きく変わりました。

幸せってなんだろうっていう質問に即答出来なかった自分が、今はハッキリ断言できます。

大事な人がいて、愛する家族がいて。。。そりゃそうでしょ、でも大事な人との生活が担保できて、大事な人と一緒に楽しむ時間が有ってこその幸せですし、家族がいても養うことに精一杯で家族との時間もないし、共働きでお互い疲れ果て夫婦間の会話すら無い家族・・・そこに愛があるとかないとかではないですよね、こういう言い方には語弊があるかも知れませんが幸せは、自由な時間と自由なお金が有ることです。

みなさんは、それだけが幸せじゃないと思うかも知れませんが、なんども言います、大切な人や生き甲斐になる趣味も、時間やお金なしでは出会えませんし継続できません、時間とお金があってこそ初めて人はそれぞれの幸せをつかむことが出来るんだと思います。

極言すれば、時間とお金の自由があればこそ、家庭であったり大切な何かであったり他人や自分すべてを含めて幸せになることが出来るんですし、自由な時間とお金がない状態では気持ちだけで実際に自分を含め、誰も幸せにすることは出来ないと思います。

時間とお金 それは幸せを掴むチャンスをくれるものです。

だから一番大切だと思います。

そして、僕の経験を何も隠さず開示することで、新たな仲間ができてみんなでもっと大きな幸せをつかめたらいいなと思い、投資顧問会社のアフィリエイトなんかを紹介しつつ、お小遣い稼ぎを兼ねたHPを海外投資勉強会で知り合った知人に作ってもらいました(*^_^*)

後で詳しく説明しますが、このHPに広告を出してくれてる会社さんやアフィリエイトの収益を僕は全く使っていません、全部積み立ててあります。
このサイトも5年目になりますが、毎月20万前後の広告収入があり、それを僕は年金がわりに積み立てていますので25年後に約5億円になりますw

僕がやってることをただ説明してるだけで、僕は将来の5億円がほぼ約束されるので充分ですw

僕の本業というか、趣味というかw
まぁ楽しんでやってる仕事は個人での海外投資を経験して、そのなかで知り合った仲間と共同で海外の不動産に投資したり新興国株などを分散投資することで毎日寝てても収益を得れるところまで来ました、みなさんも是非頑張ってください^ー^

※よく、メールで個人投資のグループに入りたいとか、話を聞きたいと言われますが、あくまで信頼できる仲間同士でやってることですので、先ずはみなさんもご自身で投資そのものを経験して、いろんな人脈を作られることをオススメします、そしていくつかの経験を経て最終的に、世界各地の投資物件などを見て回っているときに皆さんとどこかで出会うかも知れません、そして同じフィールドでお話ができるかも知れません、その時は一緒に投資が出来たら是非よろしくお願いします。

今、僕達がやっている投資は、鉄道や高速道路の建設ラッシュの中国・東南アジアなどで駅やジャンクション予定地付近のビルを仲間同士で1棟買いしてそれを年間平均5~60%程度の利回りで回しています。
リゾート地の開発物件も面白いのですが投機的になりすぎて危ない部分もありますので、比較的安全な実利物件(生活需要がある物件)を中心に買い歩いています。
僕ら仲間内で回す場合はレバレッジをきかせて最低50%を確保しますので、1000万を1年で1500万、2年で2250万、3年目に3375万と言う感じで資金を運用していくのです。

1棟買いすることでかなり安く買えることと、出資者全員で現地に行って全員でディベロッパーの話を聞いて契約を行いますので資金だけの委託投資などは受けておりません、あくまで仲間同士で楽しく投資をすることを前提にやっていますので誰か一人が交渉の窓口になるのではなく、絶対に全員揃ってすべて決めます、ですのでリスク管理などの経験のない投資未経験者の方や始めたばかりの方々と一緒には出来ないのですが、ある程度経験をされたうえでリスクも理解して現地まで実際に行くよって方は機会があれば一緒にやりましょう!

このHPで、そんな仲間が更に増えてもっと大きな投資が出来るようになったら楽しいなと思っています。
このHPにたどり着く人は、きっとビジネスに貪欲で自立心が強く、何かにつけて前向きで行動力があるひとが多いと思います、きっと行動力や熱意に不足はないのですが、努力が成功の鍵なのは否定しませんが、頑張れば皆成功するかといえばそうではありません、勝てるフィールドに立つ事が非常に大切なんです。

その場の頑張りや技術などは所詮は限定的な要素の一つで本質的に勝敗を決するものは、自分が何処に立つか?という場所選びなのです。

僕もそうでしたが、何かしらのビジネスを始めてがむしゃらに頑張ればきっと成功できると考えていました、だからいろんなビジネスの成功者を模倣して一生懸命にそれこそ一心不乱に頑張りました・・・でも、それはもう既に負けていたんです、頑張れば頑張るほど消耗し、焦躁しマトモな判断ができなくなって仲間がどんどん居なくなり仲間もお金も時間も余裕も全て無くなっていきます、そして最後には気力まで潰えて取り返しが付かなくなります。

一番大事なのは、何処で戦うか(何をするか)なのです。

当たり前だと思いますよね?みんなそんなこと解ってるはずなんです、でもやる気や意気込みが先行してしまうと、踏みとどまって考えることが出来ず突っ走ってしまうのです、だから昔の僕と同じようにいろんなビジネスや、いろんな情報商材を手にとって失敗するのです。

何をやっても経験とともに上達していきます。

でも、どこで戦うか?に関しては間違ったところやタイミングで戦ってしまったら、何をどう頑張っても結果は負けなのです。

ようするに、何をやるか?どのフィールドで戦うか?だけ正しく見極めれば既に勝っているんです、そんな簡単なこと・・・そう思いますよねw
そうなんです、簡単なことなんです、でもそれが出来ない人が多いから僕や僕の仲間のように当たり前に当たり前の事やってる人間が人並み以上に時間とお金と幸せを得ているように見えるんです。

ビジネスを志す方が一度は手にするでしょう、「孫子の兵法」にも以下のような事が書かれています。

算多きは勝つ。
算は勝算のこと。この文の前に「廟算するに、勝つ者は、算を得ること多し」と書かれている。廟算とは開戦の前の軍議のことで、すなわち事前に周到な準備を行い、そこで勝っているものが勝つということである。

要するに、戦争をするならば、その前段階の準備が大切であると言っています。
また以下のような事も言っています。

勝兵はまず勝ちて後に戦いを求め、敗兵はまず戦いて後に勝ちを求む。
勝つ者は事前の準備ですでに勝つ体勢を整えた後に戦いを行い、負ける者は戦った後に勝つにはどうすれば良いかと考える。

戦争とはすなわち、準備段階の優劣を決定的にする行為であり、戦争そのものの優劣で勝敗を決するものではないと言っています。

総じて、孫子は勝てる戦を見極めてから行動せよ、また勝てる戦の算段を立ててから行動しろと言っているのです、現代ビジネスで言えばやはり「勝てるフィールドで戦え」と、言う事に成ります。

僕や僕の仲間は皆、何も特別じゃないんです、正直言って苦労もしてませんし難しくもない、楽しく生きているだけなんです、ただ生きる場所だけはしっかり考えて生きているだけなんです。

皆さんもこのHPが、投資というフィールドを正しく理解して、幸せを掴む思考回路を手に入れるきっかけになれば、僕も嬉しく思います。

ページトップに戻る▲