海外投資のメリットとデメリット

海外投資のメリット

手数料が安い

オフショアと呼ばれる地域は税金が安いというメリットがあるとお伝えしました。
これは運用会社が資産を殖やしたときにかかる税金も安くなるので、
ひいてはお客さんの利回りに反映されます。
また、運用して得た利益は確定するまでは課税対象になりません。
そのため、満期日まで利益を繰り越すことができるので複利の効果を最大限に使えます。
これは、日本の金融機関をかわさずに直接海外の金融商品を直接買い付ける場合の話です。
日本の金融機関を通して海外投資をした場合と、直接海外投資をした場合との2つの投資のケースを比較します。
仮にどちらのケースも同じ運用実績(収益)を得たとします。
ここで日本の金融機関を通した場合

実利益=商品の利益 - 海外の投資会社の手数料 - 海外の証券会社の手数料 - 日本投資会社手数料-日本証券会社手数料-日本政府の税金

これに対し、海外の直接投資の場合

実利益=商品の利益 - 海外の投資会社の手数料 - 海外の証券会社の手数料

となります。この比較で、2つの商品が同じ利益をあげながら投資家への実利益は大きく変わることが解ります。

ファンドマネージャーが非常に優秀

オフショア地域では資産運用にかかわる利子・配当所得や譲渡所得の税金が安いだけではなく、
所得税が低かったり、消費税がなかったりします。
つまり、同じ給料をもらうならオフショアで働いた方が手元に残るお金が増えるということです。
なので、優秀な人ほど、日本のような累進課税制度をとっている国でたくさんの税金を払うよりも、
オフショアのような税金が安い国で働こうとします。
その結果、オフショア地域には世界中からトップクラスの非常に優秀な人材が集まります。
したがって、運用をするマネージャーも世界から選りすぐりの人が集められます。
だから、オフショアに拠点を置く会社の運用実績は非常に高い利益を上げることができるんです。

高い利回りの商品が多い

先ほどオフショア地域には、優秀なファンドマネージャーが集まるとお話しました。
優秀な人材が集まって運用を行うので、
日本などで運用をしている会社よりも、
より「ローリスク&ハイリターン」を期待することができます。

通貨を分散できる

日本も借金が多く、年金問題や税制など「日本は破綻するのでは?」などとよく話題になっています。
日本が破綻するなど起こって欲しくないですが、リスクとして存在します。
また破綻しなくとも日本の価値が落ちていく、つまり円(Japanese Yen)の価値がさがるリスクがあります。
ここで円だけで資産運用をしているとどんなに上手に運用していても円の価値が下がると資産全体が下がります。
しかし、円だけではなくドルやユーロなど他の通貨で運用しておけば円だけを持つリスクを回避できます。
資産運用でのポイントとしてよくいわれる分散投資ですが、オフショアで投資することで通貨も分散投資することになります。
もちろん複数の通貨で資産運用することで為替リスクがあります。
実際は難しいでしょうが、為替リスクをヘッジできるようなファンド選びをしたいものです。

ページトップに戻る▲

海外投資のデメリット

元本確保型の海外ファンドは通常8~13年と満期期間が長い

あとでご説明する元本確保型のファンドですが、満期が長いのでそれまでの間は自由にお金を出し入れできないのがデメリットです。
しかし、数年経過すれば解約金などもなくなり自由に解約できます。
解約期間中でも解約手数料を支払えば解約できます。
過去のある場合には、解約手数料を支払って解約しても利益が出ていることもありました^^

非元本確保型の海外ファンドは、元本割れのリスクがある

海外投資の中でも元本が確保されていないものは元本割れのリスクがあります。
もし海外のファンドを購入希望の方は慎重に検討してください。

海外ファンドは外貨建てで運用されているため、円高になると為替差損が発生する可能性がある

今後、日本は人口の減少とともに経済は縮小していくことが予想されます。
そのため将来的には円安方向に触れると個人的には思っています。
またすべての利益を円に還元する必要はありません。
外貨のままで保有して、外貨のまま再投資をすれば特に問題にはなりません。
あまり為替の変動について神経質にならない方が気持ちはラクだと思いますよ^^

次は、海外投資に限らず投資をする上で一番のリスクとなる詐欺についてお話します。

海外投資詐欺

ページトップに戻る▲