そもそも海外投資とは何か?

海外投資の定義と特徴

海外投資とは、投資の対象を国内の金融商品だけに絞るのではなく、海外の商品にも投資することです。
金融商品は日本だけではなくもちろん世界中に数多く存在します。
また日本から投資できる証券や国債などもかなりの数に上ります。

海外に投資することにより、まだまだ経済的成長の最中である国へ投資し、大きな利益を狙ったり、テロや災害、戦争による国際的なリスクを分散したりすることもできます。
個人投資家が証券会社を通して始めやすい国際投資としては、各国の外貨や、アメリカ、インド、中国などの証券市場があげられます。
海外投資のやり方として各国の経済成長や経済循環のサイクルの違いを狙うこともできます。例えば、日本では不況のピークであったとしても、他国では経済成長の真っ只中ということは少なくありません。

でも海外投資なんてあまり聞いたことないし、そもそも海外投資してもいいの?
こんな疑問も生まれてくるかもしれません。

ページトップに戻る▲

日本における海外投資の歴史

では日本における海外投資の歴史を振り返ってみます。
海外投資といっても、日本で海外投資ができるようになったのは1998年4月からなんです!!
それまでは日本に住んでいる人(日本居住者)は海外投資をすることはできませんでした^^;
法律によって、日本人たるもの日本の発展のために日本で稼いで日本に投資しなさい!!
このような考えが主流だったのです。

しかし、1998年4月に外為法が改正され、日本人が直接海外の銀行で外貨の保有をしたり海外の証券会社を通して投資をしたりできるようになりました。
外為法は正式にいうと、外国為替及び外国貿易法といいます。
ちょっと長くて小難しい名前ですね^^;

では具体的にどのように変わったのかをみていきます。
1998年の改正について、日本のお札を発行している日本銀行がホームページ上で説明しています。

特に海外口座の保有や投資に関係のあるところは以下の部分です。

海外預金の保有(改正前は許可制)

海外の銀行に、資産運用を目的として口座を開いたり、外債投資の決済口座として利用することが可能です。このほか、企業が原材料費等の支払や現地収入の受入れをしたり、個人が通信販売で購入した商品の代金を支払うなど、多くの目的に活用することができます。

クロスボーダーの証券取引(改正前は事前届出制)

国内投資家が、海外の金融機関から、直接、債券や株式を購入できるようになり、資産運用の選択肢が拡大します。

つまり、改正前は口座開設するには国の許可が必要だったり、
海外投資をするには事前の届出が必要だったりと面倒だったのが、
今はお好きにどうぞってなりました^^
すごいオープンになった感じがします。笑

海外投資と言われるとあまりピンとこないかもしれませんが、
外為法の改正により一般の人に急速に普及した投資商品もありました。 それがFXです^^/

FXの正式名称は外国為替証拠金取引と呼ばれています。
FXについてより詳しい説明はコチラ↓

海外の通過を自由に保有することができるようになったため、
価値の低い通貨を買って通貨の価値が高くなってからその通貨を売る、
またはその逆の投資が急速に普及しました。
1998年の改正前は、届出のない外貨の保有は禁じられていたので
FXは存在しなかったんですね。

このFXで一躍有名になった主婦の方がいます。
なんと、FXで8億円を稼ぎ出しました!!
稼いだから有名になったのではなく、
稼いだうちの4億円を脱税して有名になった方です。笑
その名も池辺雪子さんです。
「あの4億円脱税主婦が教えるFXの奥義」という本まで出版されました^^

でも、FXで実際に利益を出せている人はごくわずかで、
ほとんどの人はサブプライムローンやリーマンショックなどで損失を拡大したというお話をたくさん聞きます。
FXはリターンが大きい分、それ以上に大きなリスクを伴う投資商品と言えます。
さて、1998年の改正についてちょっとした噂話があります。

ページトップに戻る▲

日本における海外投資の歴史(裏)

なぜ今まで海外投資が禁止だったのに1998年に突然、海外投資がOKになったのか?
1998年、何があったのか覚えていますか?

そうです!!
故小渕前首相が景気刺激策として 100兆円 もの大型国債を発行した年なのですw
おそらくこの年、政治家や官僚の方は「日本終わったな」と思ったのではないでしょうか。

もちろんこの方たちは、日本が破綻すれば資産は没収されて、
日本円は紙切れになることを知っているはずです。

だからこそ、自分たちの資産を疎開させるために、
まさに与党や野党の壁を超えて外為法を改正したのかもしれませんね^^

これで日本の法律と照らし合わせても海外投資はしても大丈夫だということが分かりました。
では、次に海外投資のメリットとデメリットをお話します。

海外投資のメリットとデメリット

ページトップに戻る▲